処分は勿体ない

専門書を正しく査定してもらうために

読まなくなった書籍を買取って古本として再販売するという流れは現代では一般的になっていると言えるでしょう。引越しや家の片付けの際にまとめて買取に出すという使い方もできますし、不要な書籍を処分しながらお金も手に入るためとても嬉しいサービスではないでしょうか。捨てる予定だった書籍に値段がつくことは嬉しいことではありますが、査定額の安さに驚いたという経験がある方もいるでしょう。特に、高値で購入した専門書が安く査定されてしまうとがっかりしてしまうものです。しかし、買取価格はどこでも同じ価格というわけではありません。専門書は特殊な書籍とも言えますので、ジャンル関係なくまとめて買取ってもらえるお店では専門書としての査定を正しく行えない場合もあるのです。

査定額に納得がいかない時は

専門書を買取に出した時の査定額があまりにも安いと感じた時は、専門書の買取が得意なお店にも査定をお願いしてみましょう。書籍の買取は商品コードなどを元に機械的に産出された査定額で買取る方法だけでなく、書籍自体の価値を査定する方法もあります。専門書はそのもの自体に価値がある場合もあるため、専門書についての知識が豊富な業者を選ぶ必要があるのです。専門書の中でもそれぞれのジャンルに特化して査定している業者もあります。専門性が高いものであればあるほど、そういった買取業者を選ぶことで査定結果も安心できるものとなるのではないでしょうか。査定額が安くても妥協するのではなく、別の業者にも査定を依頼してみましょう。